座長・発表者へのご案内

1.座長へのお願い

企画講演・一般口演座長の方

詳細が決まり次第、公開となります。今しばらくお待ちください。

2.講演・一般口演発表の方へ

発表データの受付

詳細が決まり次第、公開となります。今しばらくお待ちください。

3.発表時間について

詳細が決まり次第、公開となります。今しばらくお待ちください。

4.データの作成・持参要領

メディアを持参する場合
  1. 発表データの持参方法
    • 発表データは「Microsoft PowerPoint」にて作成し、CD-R または USB メモリーに保存してご持参ください。
    • 発表データをメディアにコピーする際は、必ずファイナライズ(セッションのクローズ・使用したCD のセッションを閉じる)作業を行ってください。ファイナライズされていない場合、データを作成した PC 以外ではデータを開くことができなくなります。
    • 動画を含む場合には、再生時のトラブルに備えて PC 本体をお持ち込みください。
  2. 発表データの作成環境
    • データ受付で用意しているOSと対応アプリケーションは以下です。
      OS:Windows 7 Professional
      アプリケーション:PowerPoint 2007/2010/2013/2016
      ※Macintosh版 PowerPointでデータを作成された場合、Macintosh本体および出力アダプターを必ずご持参ください。
    • データの作成にあたっては、下記の環境に設定して作成してください。
      <データの作成環境>
      アプリケーション :MS Windows PowerPoint2003 以降
      フォント(日本語):MS ゴシック・MSP ゴシック、MS 明朝、MSP 明朝
      (英 語):Arial、Arial Black、Century、Century Gothic、Times New Roman
      記号表記(推 奨):Symbol など
      Windows の標準フォントでの作成を推奨します
  3. 液晶プロジェクタの解像度は XGA(1024 × 768 ピクセル)です。
  4. 動画のビデオファイルなどスライドにリンクするファイルは、Powerpoint ファイルと動画ファイルを必ず 1 つのフォルダに入れてください。
    スライド作成に使用した PC 以外でも動作確認をしてください。
    Windows:Windows Media Player
    Macintosh:Quick Time Player
    ※注意点
    Windows の場合、Windows7 およびWindows Media Player12 の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください(動画ファイル WMV 形式推奨)音声出力も可能です。試写の際、スタッフにお申し付けください。
  5. PowerPoint 2013、2016 をお使いの場合、下記にご留意ください。
    初期設定では、「スライドサイズが 16:9」、「発表者ツールが有効」になっています。

    1. スライドのデザイン→スライドサイズを「標準(4:3)」に変更してからデータを作成してください。
    2. “スライドショー”の項目で”発表者ツールを使用する”のチェックを外してください。
  6. 大会の終了後、お預かりしたデータは速やかに消去いたします。
PC 本体を持参する場合
  1. 発表データは、作成に使用した PC 以外でも必ず動作確認をしてください。
    iPadやSurface、その他タブレット端末については動作の保証はできません。使用される場合は、発表者の自己責任においてご使用ください。
  2. 会場でご用意する PC ケーブルのコネクタの形状は、D-Sub mini 15pin です。この形状に変換するコネクタが必要な PC は、ご自身でご持参ください。
  3. 電源アダプターをお忘れなくお持ちください。
  4. スクリーンセーバーならびに省電力設定はあらかじめ解除してください。解除されていない場合、データ受付にて設定を変更させていただきます。
  5. 故障などのトラブルに備えて、念のためバックアップデータをお持ちください。
  6. PC受付にて動作確認後、発表前に会場内左前方のオペレーター席へ PC をお持ちください。発表終了後、オペレーター席よりご返却します。

 

 

5.ポスター発表の方へ

ポスター発表について

詳細が決まり次第、公開となります。今しばらくお待ちください。

発表・討論およびポスターの貼付・撤去

詳細が決まり次第、公開となります。今しばらくお待ちください。

ポスター作成要領

詳細が決まり次第、公開となります。今しばらくお待ちください。

 

利益相反の開示

日本医学教育学会大会での発表について、下記の要領で筆頭演者にCOIの開示をお願いします。

演題発表に際しての個人情報開示項目

※学会大会の当日発表の際に、口頭発表者はスライドの2枚目(タイトルスライドの次)に、ポスター発表者は、最後の部分に掲示してください。

pptスライドサンプル
申告すべき事項と条件
  1. 臨床研究に関連する企業・法人組織や営利を目的とした団体(以下、企業・組織や団体という)の役員、顧問職については、1つの企業・組織や団体からの報酬額が年間100万円以上とする。
  2. 株式の保有については、1つの企業についての1年間の株式による利益(配当、売却益の総和)が100万円以上の場合、あるいは当該全株式の5%以上を所有する場合とする。
  3. 企業・組織や団体からの特許権使用料については、1つの権利使用料が年間100万円以上とする。
  4. 企業・組織や団体から、会議の出席(発表)に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演料など)については、1つの企業・団体からの年間の講演料が合計50万円以上とする。
  5. 企業・組織や団体がパンフレットなどの執筆に対して支払った原稿料については、1つの企業・組織や団体からの年間の原稿料が合計50万円以上とする。
  6. 企業・組織や団体が提供する研究費については、1つの企業・団体から臨床研究(受託研究費、共同研究費など)に対して支払われた総額が年間200万円以上とする。
  7. 企業・組織や団体が提供する奨学(奨励)寄付金については、1つの企業・組織や団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは研究室の代表者に支払われた総額が年間200万円以上の場合とする。
  8. 企業・組織や団体が提供する寄付講座に申告者らが所属している場合とする。
  9. その他、研究とは直接無関係な旅行、贈答品などの提供については、1つの企業・組織や団体から受けた総額が年間5万円以上とする。